急に寒くなりましたね。

横山食品の千田です。

冬服を出してきて、久しぶりのニットに袖を通すワクワク感を感じる一方、

子供の分の衣替え、サイズアウトしていないかの確認、

今日着せた上着薄くなかったかな、寒くないかな…?と、

親のタスク、心配はとどまることがないですね。

 

 

今回はInstagramでもご紹介した、横山食品で製造している大豆加工食品に使用する豆乳のお話です。

こちらは、厚揚げを作るための豆乳です。

もっちり濃厚な厚揚げのため、大豆固形成分が高い豆乳を使用しています。

 

厚揚げ、油揚げ、がんもどきになる豆腐生地を作るための豆乳は、それぞれ製品に合わせて異なります。

豆腐生地の濃厚な旨味を味わっていただきたい厚揚げは特に濃い豆乳を使用しますし、

油揚げは、揚げた時にふんわり膨らむよう少し薄めの豆乳を使用して豆腐生地を作ります。

 

同じ種類の大豆でも、年によって、土によって、たんぱく質の量や水分量は変わります。

商品の品質を安定させるため、豆乳を作る際に水分量や温度を調節し、それぞれ商品に合った豆乳を炊き上げます。

この調整は長年の経験がないと難しいです。

 

また、飲む豆乳「まめちち さらさら豆乳・とろとろ豆乳」は、

油あげ、厚揚げ、がんもどき用の豆乳と炊き方が異なります。

 

一言に「豆乳」といっても、

横山食品で取り扱っている豆乳は、大豆の種類、濃度、炊き方の違いで何種類もあります。

それだけに、豆乳の製法に関する知識も豊富です。

これが、まめちちの美味しさの秘密なんです。

 

 

この週末は全国的に良いお天気になりそうですね。

私は長女が最近はまっている一輪車の練習に付き合う予定です!

まだ一人で乗るのは難しいのですが、支える手の力がどんどん軽くなります。

子供の成長は素晴らしく、それを間近で見て、

また自分もまだまだ成長していかねばと、良い刺激にしていきたいです。